宮廷文学

一般

宮廷文学

きゅうていぶんがく

意味

宮廷を基盤に栄えた文学

  1. 日本では、平安時代文学のことを指す。
  2. 西洋では、中世封建諸侯の宮廷で好まれた、騎士道と女性崇拝を主題とした文学を指す。