スマートフォン用の表示で見る

宮内省

一般

宮内省

くないしょう

宮廷内の事務を司る官庁。

日本史では二度、律令時代と明治時代に設置されている。

古代の宮内省

八省(二官八省)の一。宮中の衣食住その他の実務を担当した。

明治の宮内省

明治2年(1869年)設置。皇室関係の事務を管理*1太政官の一省。内閣制度の発足(1885年)以降は内閣に属さない独立した組織となった。

トップは宮内卿宮内大臣(1885年以降)。

敗戦後に組織縮小が行われ、1947年に宮内府となり、さらに1949年に現在の宮内庁に改称された。

*1皇族華族も範囲内