スマートフォン用の表示で見る

宮本顕治

一般

宮本顕治

みやもとけんじ

1908/10/17〜2007/07/18 政治家、評論家。日本共産党委員長。略称ミヤケン。小説家宮本百合子は妻。

山口県出身。

31年東大経済学部卒。在学中に芥川龍之介を論じた『「敗北」の文学』が雑誌の懸賞論文に入選して名を知られた。卒業直後に共産党入党。プロレタリア作家同盟で活動、32年中条百合子と結婚。33年党中央委員。同年末、治安維持法などで検挙され*1終身刑判決をうけた。45年に釈放。12年間の非転向をつらぬいた。

党政治局員、統制委議長、理論誌『前衛』主幹などをつとめたが、徳田球一らの主流派からは疎外された。50年のコミンフォルム日本共産党批判による党分裂のさいは、徳田らの所感派にたいし国際派と呼ばれた。

55年の6全協で指導部に復帰、58年の大会で極左冒険主義の51年綱領を廃棄、書記長に就任し、以降、30年余にわたる宮本指導体制を確立した。82年、委員長不破哲三に譲り、党議長。

2000年11月、共産党中央委員会名誉議長から名誉役員となり、形としてもほぼ引退することとなった。

著書は「人民文学」「民主革命の諸問題」「革命の展望」など。

*1:スパイをリンチして殺害したと言われている