宮本征勝

スポーツ

宮本征勝

みやもとまさかつ

サッカー選手・監督。通称「エイトマン*1」。

ポジションはディフェンダー

1938年7月4日生まれ、茨城県出身。

県立日立第一高校、早稲田大学を経て、古河電気工業入り。JSLでは103試合出場19得点を記録。年間優秀11人賞3回。

早稲田大学在学中に全日本入りし、1964年東京1968年メキシコオリンピックに出場。メキシコでは銅メダルに貢献。国際Aマッチ出場43試合1得点。

引退後の1974年、古河の監督に就任。

1978年の早稲田大学の監督を経て、1983年本田技研(現Honda FC)の監督に就任。

Jリーグ発足時には本田の選手を数名引き連れ、鹿島アントラーズの初代監督に就任し、1993年度1stステージ優勝を導いた。1995年には清水エスパルスの監督も務めた。

2002年5月7日、FIFAワールドカップ日韓大会を見ることなく逝去。

2005年、初代日本サッカー殿堂入り。


* リスト::サッカー選手

*1背番号8をつけていたことから