スマートフォン用の表示で見る

宮澤ミシェル

スポーツ

宮澤ミシェル

みやざわみしぇる

サッカー選手、サッカー指導者・解説者。現役時代のポジションはディフェンダー

1963年7月14日生まれ。千葉県出身。

父はフランス人のハーフ。

長男の宮澤勇樹はサッカー選手で、2013年に松本山雅FCに所属していた。長女は元・乃木坂46宮澤成良


千葉県市原高等学校時代の1981年、国体史上初の外国籍選手としてびわ湖国体に出場。

その後国士舘大学を経て、1986年、フジタ工業サッカー部(現・湘南ベルマーレ)に入部。

1992年に東日本JR古河FC(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)に移籍。Jリーグ開幕。

当初は宮沢ミッシェルと名乗っていたが、後にフランス語読みに近い「ミシェル」に改めた。

1993年日本国籍を取得し、1994年にサッカー日本代表に選出された(試合出場はなし)。

1996年、現役引退。その後はサッカー解説者となる。

2006年から3年間、ツエーゲン金沢スーパーバイザーを務めた。


めちゃくちゃ歌が上手い。

レコ大を目指した」と言っていたらしい。

現役選手時代(1994年)に「RAIN or SHINE」というシングルCDを発表。


リスト::サッカー選手