スマートフォン用の表示で見る

宮澤賢治

読書

宮澤賢治

みやざわけんじ

1896年明治29年)8月27日、花巻・母イチの実家で生まれる。1933年(昭和8年)9月21日午後1時半、花巻の宮澤家で結核のため死去。享年37歳。

みやざわ-けんじ みやざはけんぢ 【宮澤賢治
(1896-1933) 詩人童話作家岩手県生まれ。盛岡高等農林卒。花巻農業指導者として活躍のかたわら創作。自然と農民生活で育まれた独特の宇宙的感覚や宗教的心情にみちた詩と童話を残した。生涯、法華経を敬信。童話「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」、詩集春と修羅*1など。
goo国語辞典

おもな作品

童話

詩・短歌

家族

(参考文献:堀尾青史『年譜 宮澤賢治伝』中公文庫ほか)

【父】宮澤政次郎(1874.2.23-1957.3.1)
宮澤家は花巻で質・古着商を営む有力な商家であった。父・政次郎はよく働き思索、読書好き、仏教への深い関心を持つ篤信家であり、真宗を信奉し花巻仏教会や四恩会をつくり幹事として世話をする一方、毎年夏には講師を招聘して泊まり込みの仏教の講習会を開き、また国訳の経文を刊行して人々に施本するなどした。賢治は中学時代の頃より法華経に惹かれ日蓮宗帰依1920年国柱会に入会するに至るがやがて批判的となる)、父を改宗させようとし親子間で深い宗教対立が起こった。賢治の死後、日蓮宗に改宗。長く民生委員、調停委員をつとめ藍綬褒章をうけている。
【母】イチ(1877.1.15-1963.6.30)
慈悲ぶかく、明るいユーモアも持っていたやさしい人であった。
賢治(1896.8.27-1933.9.21)
トシ(1898.11.5-1922.11.27)
賢治の最愛の妹。日本女子大学を卒業し、花巻高等女子学校の英語教師となるも、結核のため夭逝。トシがなくなった日の日付で妹の死を悼む詩「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」が作られている(詩集春と修羅』所収)。
シゲ(1901.6.18-1987.9.20)
清六(1904.4.1-2001.6.12)
賢治の実弟として遺稿を守り生き証人として人となりを伝え続け、賢治作品の顕彰に尽力した。氏と宮澤家により賢治の遺稿は散佚することなく守り伝えられ(花巻空襲の火災からもからくも逃れ)、そのことにより戦後から今日まで賢治全集編纂ならびに研究の大きく豊かに進むこととなった。2001年6月12日、老衰のため死去。享年97歳。
クニ(1907.3.4-1981.1.12)

記念館

宮沢賢治記念館
花巻市矢沢1−1−36
昭和57年9月21日(賢治の命日)に賢治没後50年を記念してオープン。賢治の愛用品、原稿など賢治ゆかりのものの展示のほか、ビデオやスライド、図書資料など。隣接して賢治研究の拠点となるイーハトーブ館や賢治が設計した南斜花壇もある。

石灰技師

羅須地人協会時代、石灰肥料の普及に努め、岩手県松川町の東北砕石工業に石灰技師として勤務していたことはあまり知られていない。*2

*1:生前に出版された唯一の詩集1924年(大正13年)4月発行

*2:同社敷地内に、写真を元に製作された蝋人形が展示されている