スマートフォン用の表示で見る

宮澤洋一

社会

宮澤洋一

みやざわよういち

宮澤洋一は、日本の政治家、元大蔵官僚自由民主党所属の参議院議員(1期)。参院政策審議会代理自由民主党政務調査会長代理。前衆議院議員(3期)。

1950年4月21日生まれ、東京都出身。

伯父は元首相の宮澤喜一

東京大学法学部卒業。

略歴

1974年、大蔵省に入省。

1978年、米国ハーバード大学行政大学院を修了(行政学修士)。

1980年7月、大阪国税局岸和田税務署長就任。

1989年6月、大蔵省大臣官房企画官。

1992年6月、内閣総理大臣首席秘書官

1993年9月、大蔵省退官。

1994年1月、衆議院宮澤喜一政策秘書

2000年、第42回衆議院議員総選挙広島7区から立候補し初当選し、3期務めた。

2008年8月、福田康夫改造内閣内閣府副大臣に就任。

2009年8月30日、第45回衆議院議員総選挙で落選。

2010年、第22回参議院議員通常選挙広島県選挙区から立候補し当選。

2014年10月20日、後援会政治資金問題で辞任した小渕優子の後任として経済産業大臣内閣府特命担当大臣原子力損害賠償廃炉等支援機構担当)への就任が内定