スマートフォン用の表示で見る

急がば回れ

一般

急がば回れ

いそがばまわれ

急いでいるときには危険な近道を通るよりも、回り道でも安全な方を通るほうが結局早いというように、安全で着実な方を選べという戒め。

近世初期に著された咄本『醒睡抄(せいすいしょう)』のなかで、連歌師である宋長が『武士のやばせの舟は速くとも急がば回れ瀬田の唐橋』と詠んだことが由来とされている。