急性アルコール中毒

サイエンス

急性アルコール中毒

きゅうせいあるこーるちゅうどく

短時間で多量のアルコールを摂取した場合に生じる中毒症状。

血液中のアルコール濃度によって中毒症状は比例する。

血中アルコール濃度が0.4%を超えた場合、1〜2時間で約半数が死亡するといわれている。

特に二十代の男性に多く見られる。

予防法

  • 自分の適量を知るとともに、その日の体調にも注意。
  • 短時間に多量な飲酒や一気飲みを絶対にしない。
  • お酒が飲めない体質の場合、周囲に「お酒が飲めない体質です」と事前に伝えておく。
  • 飲酒の無理強いは絶対にしない。
  • 周囲の人は酔った人に付き添い、一人にしない。

万一の処置法