スマートフォン用の表示で見る

朽木白哉

マンガ

朽木白哉

くちきびゃくや

漫画『BLEACH』の登場人物

アニメ声優置鮎龍太郎

ミュージカルでの俳優は林修司

護廷十三隊六番隊隊長

身長180cm

体重64kg

1月31日生まれ 

家十軒にも相当する値の「銀白風花紗(ぎんぱくかざはなのうすぎぬ)」を首に纏っている。

上流貴族にしか着用を許されない「牽星箝(けんせいかん)」を頭の上部と右側につけている。



戦闘能力

高位歩法「瞬歩」が得意で、それを発展させた閃花によって一護の「鎖結(さけつ)」と「魄睡(はくすい)」(共に霊力の源となる重要な急所)を一瞬にして破壊し死神能力を奪った。



斬魄刀

斬魄刀の名は『千本桜(せんぼんざくら)』。

能力解放と共に、刀身が桜の花びらのように無数の刃となり舞い散り、対象を斬り刻む。

逆に、解放時は通常の「刀」として剣術を用いて戦う事が不可能となりまた防御も困難である為、近接戦などでは解放を行わなず「刀」の性質を生かして剣技での戦闘を行うことも多い。

始開の句は「散れ『千本桜』」(卍解時にも句を唱えることがある)



卍解

卍解】の名は『千本桜景厳(−かげよし)』。

解放と共に足元から巨大な千本の刀身が立ち昇り、それらが一斉に舞い散り無数の刃と化す。

その刃の総数は数億枚とも言われ、それらの刃を操る事で死角皆無の完全なる全方位攻撃を可能とする。

刃は白哉の念のみでも操る事ができるが、掌をかざす事で倍の速度で操れる。

また、千本桜景厳には、他に2つの形状がある。



『殲景・千本桜景厳(せんけい・−)』。

散り散りになっていた数億枚の刃を千本の刀の姿に圧し固める事で、爆発的に殺傷能力を高めた形態。

刃一つあたりの攻撃力が高まった反面、無数の花びらの様に空中を舞って敵を包囲攻撃するには不向きであり、刀を矢の様に敵めがけて飛ばす(補助的に用いられる)か、白哉が自ら千本桜景厳を手にして戦う(こちらが主な戦闘手段)事になる。

朽木白哉が自らの手で斬ると誓った者にのみ見せる千本桜の真の姿。

見るのは一護で二人目。



『終景・白帝剣(しゅうけい・はくていけん)』。

全ての刃を一つの刀に圧し固めた形態。

その破壊力は、単純計算で「殲景」の千倍と言うことになる。


wikiより引用、編集。

以下、ネタバレ該当部分

続きを読む