スマートフォン用の表示で見る

求人倍率

社会

求人倍率

きゅうじんばいりつ

経済指標のひとつ。求職者 (仕事を探している人) 1人あたり何件の求人があるかを示すもの。求人倍率が 1.0 より高ければ、仕事を探している人の数よりも求人のほうが多いということを意味する。一般に求人倍率が高い社会は、企業がより多くの労働者を求めており、それだけ経済に「活気のある社会である」と考えられる。