究極ハリキリスタジアム

ゲーム

究極ハリキリスタジアム

きゅうきょくはりきりすたじあむ

タイトーより発売されていた野球ゲームのシリーズ。

基本的には「ファミスタ」タイプの野球ゲームだが、攻撃時はバッター側、守備時はピッチャー側の画面に切り替わるのが特徴。実在のプロ野球の球団をモデルにした12球団が登場し、スーパーファミコン版からは実名となった。