牛蒡子

牛蒡子

ごぼうし

ゴボウの種。悪実(あくじつ)とも。漢方薬として用いられる。解熱、解毒、去痰などの作用があるとされる。中医学ではその性は寒、薬味は辛、帰経は肺・胃。