許昌市

許昌市

(地理)
きょしょうし

中華人民共和国河南省に位置する地級市。

歴史

後漢末の196年、曹操が献帝を奉じてここに洛陽(雒陽)・長安から都を遷したことで有名。遷都の理由は洛陽が戦乱で荒廃していたのと、この地域が曹操の勢力圏だったからと考えられる。元は「許」県であり(許都)、魏王朝建国後「魏は許をもって益々昌(さか)える」という予言に従って、許昌に改名された。 献帝在位中は一貫して「許」であったため、実は後漢、魏を通じて「許昌」が首都となった事は一度も無い。献帝が廃されて魏が建国されると都は洛陽とされるが、魏の五都の一つとされ、依然として重要な都市であった。

新着ブログ: 許昌市