スマートフォン用の表示で見る

魚住純

マンガ

魚住純

うおずみじゅん

バスケットボール漫画「SLAM DUNKスラムダンク)」の登場人物。

陵南バスケットボール部キャプテン。中学時代から活躍し「ビッグ・ジュン」の異名を持つ。赤木剛憲とはライバル関係にある。

アニメでの声優岸野幸正

プロフィール

エピソード

つらい一年生時代

1年生時に「ただでかいだけ」と先輩や同級生たちから陰口を言われる落ちこぼれ選手だった。練習がきつくて何度もバスケを辞めたいと考え、練習中に吐くこともしばしばあった。しかし並々ならぬ練習を続け、ライバルの赤木に勝つために、苦手だったフットワークを鍛え直し、成長していった。

魚住VS赤木

湘北の赤木は常にライバルだった。湘北戦で魚住ファウル4つで崖っぷちに立ちながらも、チャージングの境界線を引いたことでその後の試合展開を有利に進めることができた。このことを一部のファンは「魚住覚醒」と呼ぶ。

包丁を持ってインターハイに乱入

王者山王VS湘北戦でライバル赤木が不振に陥った際、赤木を目覚めさせるため、板前姿でコートサイドへ乱入した。魚住大根と包丁を手に桂剥きをしながら

麗な技をもつ河田は鯛
お前に華麗なんて言葉が似合うと思うか 赤木
お前は鰈だ
泥にまみれろよ

というセリフを残し、警備員に連れ去られた。

引退そして板前

湘北戦を最後に3年生の夏でバスケを引退し、その後家業の板前を継ぐべく修行をすることになった。後輩の様子(特に次期キャプテンの仙道がしっかりやっているか)が気がかりな様子。

目次