京とれいん

一般

京とれいん

きょうとれいん

京とれいんとは、阪急電鉄で土休日に運転されている列車である。

6354Fを観光客向けの列車として京風に更新工事を施工したものを使用している。

外観

車体に、京扇をデザインしたラッピングが施されている。

内装

・6両編成のうち、3・4号車を京町屋をイメージした車両、それ以外を京唐紙をモチーフにした車両とし、趣のある車内空間を演出している。

  ・京町屋をイメージした車両には、客室へのエントランスに格子状の飾りを設け、客室に「半個室席」の演出が施されている。 

  ・京唐紙をモチーフにした車両には、1・2号車の座席シートのデザインを「蘭の華散らし」、5・6号車の座席シートのデザインを「麻の葉」としている。

・扉には竹模様、壁には波模様の壁紙が施されており、壁面には伝統素材である和紙を用いた「掛け軸風ポスター」が掲出されている。

・土休日に定期列車(快速特急)として運転されるが、平日には貸切列車としての運転を考慮し、全ての座席に座席プレートが設置されている。

・外国人観光客への対応として、日本語、英語、韓国語中国語の4カ国語による案内放送や、ガイドマップが用意されている。

その他

行楽期の梅田-嵐山間の「臨時快速特急」の運用以外は、土休日ダイヤでの「快速特急」運用に就いている。