スマートフォン用の表示で見る

京王多摩川駅

地理

京王多摩川駅

けいおうたまがわえき

京王多摩川駅 京王電鉄(相模原線)

東京都調布市多摩川四丁目にある、京王電鉄相模原線の駅。

1916年6月1日、開業*11937年5月1日、現駅名に改称。

相対式ホーム2面2線を備える高架駅。出口は調布方に1ヶ所あるほか、京王稲田堤方にイベント時に使用される臨時口がある。

京王閣競輪場のほか、夏に開かれる調布市花火大会多摩川会場の最寄り駅である。競輪開催時と花火大会開催時には前述の臨時口が開かれ、一部の急行が臨時停車する。

相模原線は1971年の開業だが、当駅は調布駅で分岐する京王線の支線の駅として1916年に「多摩川原駅」の名で開業している。このときには多摩川の砂利運搬が主な目的であったが、1927年に京王閣が開業してからは行楽客が多く利用した。京王閣の閉鎖後、跡地は京王閣競輪場となり、現在も最寄り駅として機能している。

京王相模原線《通勤快速快速各駅停車が停車(急行の臨時停車あり)》


○ リスト:駅キーワード
○ リスト:駅つきキーワード

*1京王電気軌道として