京阪600形電車

一般

京阪600形電車

けいはんろっぴゃくがたでんしゃ

京阪電気鉄道鉄道車両

600形を名乗る電車が歴史上3つある。現存するのは3代目である。

600形(3代目)

 

600形(初代)

  • 昭和天皇即位大礼(昭和御大典)に備え、京阪間の急行用として、1927年に30両が製造された系列。
  • 登場当時は1550形を名乗り、後に600形となった。
  • 運転台の全鋼車。
  • 当時、鉄道先進国であったアメリカのインターバーンを模した、アメリカンスタイルの電車で、側窓上に"KEIHAN ELECTRIC RAILWAY COMPANY"の文字が書かれていた。
  • 車内は転換クロスシートを配し、2人が横並びで座れることから、「ロマンスカー」の愛称が付けられた*1
  • 翌年、両運転台車として700形(初代)が製造される。
  • 1961年から車体を更新し、600形(2代目)となる。

 

600系(2代目)

  • 昭和30年代に入り、戦前製の旧型車のレベルアップを図るため、初代600形・初代700形の電気部品を流用し、1961年から5年間で41両が製造された系列。
  • 3扉の車体を新製し、電気品や台車は流用している。
  • 車内はロングシート
  • 他系列からの編入を含め、最終的に53両となる。
  • 旧型車であるため、1500V昇圧対象からは外され、14両の車体を2代目1800系に流用した以外は、1983年までに全車廃車。
  • 昇圧前日(1983年12月3日)の上り最終急行淀屋橋三条)が最後の運用となった。

*1:「ロマンスカー」の元祖とされている