京都学連事件

社会

京都学連事件

きょうとがくれんじけん

1925年(大正14年)12月以降、京都帝国大学などでの左翼学生運動に対して行われた検挙。日本内地では最初の治安維持法適用事件として知られる。