京都交通

地理

京都交通

きょうとこうつう

(旧)京都交通

京都市内を起点に、亀岡舞鶴福知山などを中心とする丹波丹後の広範囲に路線を有していたバス会社。京都だけでなく、大阪府豊能町兵庫県篠山市福井県高浜町などにも路線を持っていた。

本社は京都府亀岡市古世町。

路線バスは主に京都市内、亀岡福知山地区に集中しており、かつては四条河原町から五条通を経由して園部まで結ぶ急行バスや、阪急桂駅*1から天橋立を結ぶ快速バスなどもあり、路線や車両はバラエティに富んでいた。

また、京都駅から広島岩国徳山を結ぶ「SANYO EXPRESS」、京都駅から福山を結ぶ「みやこライナー」などの高速バスも運行された。これらは京阪京都交通と改められた今でも運行されている。

しかし維持困難なローカル路線も多く運行していたことから経営にいきづまり、2004年(平成16年)に会社更生法の手続きを行い、舞鶴福知山地区は2005年(平成17年)4月1日から日本交通子会社*2譲渡された。それと同時に亀岡京都市内の地区は大幅な路線の見直しが行われ、園部地区の路線は廃止された。また番号による系統制度が導入された。

その地区も同年7月1日京阪グループの新会社「京阪京都交通」に譲渡された。

これにより(旧)京都交通は全てのバス事業から撤退することとなり、現在は会社更生法に基づく清算手続中である。

(現)京都交通

上記の通り、破綻した(旧)京都交通から北部事業(舞鶴福知山地区)を譲り受けた会社(日本交通子会社)が「京都交通」の名で営業を継続している。

本社は京都府舞鶴市市場。

*1桂駅東口発着

*2:当初は「新京都交通」の社名で設立手続が進められ、4月1日に「京都交通」として営業を開始した。これ以後府内に2つの「京都交通株式会社」が存在することになる。