スマートフォン用の表示で見る

京都市営地下鉄東西線

地理

京都市営地下鉄東西線

きょうとしえいちかてつとうざいせん

京都市営地下鉄の路線。太秦天神川六地蔵間 17.5km。

建設の経緯から御陵三条京阪間の鉄道施設は京都高速鉄道*1が所有していたが、2008年(平成20年)度末に京都市に移管され、他の区間同様、京都市交通局が所有する形となった。

実際の運営は全線にわたり京都市交通局が行っている。

将来的には、さらに洛西方面へ延伸する計画がある。

沿革

年月日できごと
1997年10月12日二条醍醐間(12.7km) 開業
2004年11月26日醍醐六地蔵間(2.4km)開業
2008年01月16日二条太秦天神川間(2.4km)開業

駅と接続路線

番号駅名よみ
“えき”は略
接続路線
T01六地蔵駅ろくじぞうJR奈良線
京阪宇治線
T02石田駅いしだ  -
T03醍醐駅だいご  -
T04小野駅おの  -
T05椥辻駅なぎつじ  -
T06東野駅ひがしの  -
T07山科駅やましなJR琵琶湖線湖西線
京阪京津線京阪山科駅
T08御陵駅みささぎ京阪京津線(直通運転)
T09蹴上駅けあげ  -
T10東山駅ひがしやま  -
T11三条京阪駅さんじょうけいはん京阪本線三条駅
T12京都市役所前駅きょうとしやくしょまえ  -
T13烏丸御池駅からすまおいけ京都市営地下鉄烏丸線(K08)
T14二条城前駅にじょうじょうまえ  -
T15二条駅にじょうJR嵯峨野線
T16西大路御池駅にしおおじおいけ  -
T17太秦天神川駅うずまさてんじんがわ京福嵐山本線嵐電天神川駅(A6))

※「色」とは各駅ごとに定められたステーションカラーのことです。ブラウザによっては正しく表示されないことがあります。また、色の名前はポインタをしばらく■に合わせていると表示されます。

運行形態

すべて各駅停車六地蔵太秦天神川間(全線)を運行する列車が主体(7〜8分間隔)である。このほか京阪京津線との直通運転を行っており、京津線浜大津御陵太秦天神川間の列車と京津線浜大津御陵京都市役所前間の列車が交互に運行される。

なお直通運転は京津線の片乗り入れであるので、直通列車に使われるのは京阪電鉄の車両のみである。

車両

50系
京都市交通局の通勤型車両。すべて6両編成である。
京阪800系)
乗り入れてくる京阪電気鉄道の通勤型車両。京津線路面電車であるため4両編成となっている。


リスト::鉄道路線

*1京都高速鉄道は、2008年(平成20年)度末に解散している。