京大 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

京都大学

きょうとだいがく

京都にある国立大学旧帝国大学の一つ。通称、京大(きょうだい)。

本部は吉田キャンパス京都市左京区吉田本町)にある。他に工学研究科の施設が集中する桂キャンパスのほか、大規模実験施設のある宇治キャンパスや熊取の原子炉実験所、犬山霊長類研究所など京都を中心に各地に施設を持っている。


設立

1897年明治30年)6月。

歴史と沿革

1869年明治2年)5月 大阪舎密局(せいみきょく)開校

 この間、理学所への発展や、洋学校との合併開成所への改称

 大阪専門学校への発展、大阪中学校への改称、大学分校への改称を経て、

1886年明治19年)4月 大学分校,第三高等中学校と改称

1889年明治22年)8月 第三高等中学校,大阪から京都へ移転

1894年明治27年)9月 第三高等中学校,第三高等学校と改称

1897年明治30年)6月 京都帝国大学創設

1949年昭和24年)5月 新制京都大学設置

2004年(平成16年)4月 国立大学法人京都大学設立

学部・大学院

10学部15研究科・学舎を擁する。

(これ以下は学部を付属しない独立研究科


医療技術短期大学部は2003年(平成15年)10月医学部保健学科へ改組。

これにより、2004年(平成16年)度より短大部は学生募集を停止。


キャンパス

京都市左京区吉田本町。大学本部の所在地。

学部課程及びほとんどの大学院課程を本キャンパス内に設置。象徴的な施設には、時計台やクスの木などがある。

本部、北部、吉田南、西部、医学部薬学部、病院の7構内に分かれている。

『本部構内には大学の象徴ともいえる時計台記念館をはじめ、

創立期の煉瓦造りの建造物から最先端ラボラトリーまであらゆる施設が混在。

歴史と伝統を継承しつつ最先端の研究教育が展開されている』とは大学側の弁だが、

単に「ごった煮」なだけである。

なお西部構内にある西部講堂は、一部の界隈では有名である。

京都府宇治市五ヶ庄。工学研究科エネルギー科学研究科

情報学研究科等の大学院課程の一部、

並びに防災研究所や化学研究所、エネルギー理工学研究所、生存圏研究所等の

自然科学エネルギー系の研究所が置かれている。

学部は置かれていないが、一部の学部、学科では宇治キャンパスに所在する研究室に配属されることも可能である。

京都市西京区京都大学桂。2003年10月開設の京都大学3番目のキャンパス

嵐山に程なく近い、桂の丘陵地に建設された。ちなみに京都大学桂は正式な地名である。

工学研究科及び情報学研究科がほぼ全面的に移転予定。

移転完了後は、工学部・工学研究科学部課程と大学院課程とを、

名目上は別々のキャンパスで行うことになる。

テクノロジーサイエンスが融合する

新しい研究教育の場“テクノサイエンスヒル”の形成を目指す』と大学。

また、交通環境改善のため、大学側は京都市地下鉄延伸を要請中である。

移転予定:

2003年10月・電気系専攻、化学系専攻

2004年9月・建築系専攻

2006年度以降・地球系専攻、物理系専攻、情報学研究科

当初は工学系の研究環境を大幅に改善し、研究のための建築物も大きくゆとりのあるものに拡張する予定であったが、バブル崩壊後構想は縮小され、単純な工学研究科キャンパス移転になってしまった。研究環境は更新されたものの、面積はかえって狭くなってしまった。