スマートフォン用の表示で見る

京都町奉行

社会

京都町奉行

きょうとまちぶぎょう

日本の江戸時代幕府京都に置いた遠国奉行の1つ。老中支配であるが、任地の関係で京都所司代の指揮下で職務を行った。京都町政の他畿内天領および寺社領の支配も行うため、寺社奉行勘定奉行町奉行の3つの奉行を兼ねたような職務であった。定員は2名で、東西2つの奉行所が設置されていた。