スマートフォン用の表示で見る

京都鉄道

地理

京都鉄道

きょうとてつどう

京都鉄道とは、京都〜園部間を結んでいた鉄道会社で、本社は京都市上京区二条(現在の中京区域)にあった。

JR山陰本線の前身でもある。

設立と路線敷設

明治26(1893)年4月、京都の財界人らによって『京都鉄道』が設立され、2年後の明治28(1895)年に、京都から二条、園部、綾部を経由して舞鶴へ向かう路線敷設免許を取得する。

しかし、路線敷設のルートの殆どが、保津峡に代表される崖ばかりの地形であった為に、資金も労力も底をついてしまう。

明治33(1900)年に、京都〜園部間が開通するも、園部以北が京都鉄道の手で建設される事は無かった*1

明治40(1907)年8月、鉄道国有法に法って京都鉄道国有化。官設鉄道京都線*2となった。

*1明治43(1910)年、官設鉄道により園部以北が開通される事となる。

*2明治45(1912)年に山陰本線に改称。