供託金

社会

供託金

きょうたくきん

法令の規定により法務局などの供託所に供託された金銭。日本における供託金が高額だと言われており、2008年から2009年にかけて、自由民主党公明党日本共産党が値下げを求めたことがあった。

選挙における供託金

日本の公職選挙における供託金の金額および供託金没収点

選挙の種類供託金の金額供託金没収点
衆院選小選挙区300万円有効投票総数の10分の1
衆院選比例代表区名簿単独登載者数×600万円
+重複立候補者数×300万円
没収額=供託額−(300万円×重複立候補者のうち小選挙区当選者数
+600万円×比例代表選挙の当選者数×2)
参院選選挙区300万円有効投票総数と議員定数の商の8分の1
参院選比例代表区名簿登載者数×600万円没収額={名簿登載者数−(当選人×2)}×600万円
都道府県知事選挙300万円有効投票総数の10分の1
目次