共喰い

若若茖

2篁

読書

共喰い

ともぐい

田中慎弥の小説、またはそれを原作とした映画。

昭和63年、17歳の主人公が川べりの町で父とその愛人と暮らしながら、女を殴る父の血が自らにも流れていることを感じるが、愛人が出て行ったことで父との関係性が崩れていく、という物語。

2012年に第146回芥川龍之介賞芥川賞)を受賞した。2013年夏に映画化される予定(監督は青山真治、脚本は荒井晴彦)。

共喰い

共喰い

映画

共喰い

ともぐい