スマートフォン用の表示で見る

協業組合

一般

協業組合

きょうぎょうくみあい

組合員になろうとする中小企業が、事業統合により、事業規模の拡大適正化、技術水準の向上、設備近代化・合理化、経営の再構築、生産・販売能力の向上などを目的として設立する組合をいう。