スマートフォン用の表示で見る

強制収容所

一般

強制収容所

きょうせいしゅうようじょ

concentration camp(英)、Konzentrationslager(独)

直訳すれば「集中収容所」。

起源

最初の強制収容所(concentration camp)は、ボーア戦争中にイギリス軍によって建設された。

ボーア軍のゲリラ戦に手を焼いた英軍は、ゲリラを干上がらせるためには住民とゲリラを切り離すことが必要だと考え、一般のボーア人住民を集めて強制的にコンセトレーション・キャンプに押し込めた。ゲリラ戦対策としては効果があったが、キャンプでは劣悪な環境のために多数の死者を出し、英国は国際的な非難を浴びた。

KZ

ナチス政権下で建設された強制収容所(Konzentrationslager)は、1933年ダッハウに建設されたものをもって嚆矢とする。

政治犯同性愛者・精神病患者・ユダヤ人などが収容された。なお、学問的には強制収容所絶滅収容所は区別して扱うことになっている。

日系人強制収容所

太平洋戦争開戦後米国国籍を持つ日系アメリカ人が、国籍と関係なく民族的出自だけで強制的に隔離収容された。(米国の影響下で、南北アメリカ各国や豪州でも同じことが行われた)。

同じ敵国であるドイツ系・イタリア系に比べても過酷な扱いで、当時の人種偏見を表しているとされる。

1988年、合衆国政府は公式に謝罪し、被害を受けた日系人損害賠償を行った。