スマートフォン用の表示で見る

強迫性障害

サイエンス

強迫性障害

きょうはくせいしょうがい

特定の行為または思考から離れられず、生活に支障を来たす病気。

そうした行為・思考は大概不安や恐怖と結びついているが、それが非現実的な危惧であったり、その解消策としてなされる行動が不適当ないし過剰であったりするのが特徴。

かつては神経症の一種「強迫神経症」とされていたが、近年では神経化学的な異常によるところが大きいと考えられている。


  • 玄関の鍵を閉めたかを何度も確認する。
    • 「防犯」に対する強い意識による障害
  • 必要以上に水を出して手を洗う。
    • トイレに入っただけなのに、凄い勢いで水を出して手を洗うような人は確実に強迫性障害節水の事を考え、この障害を治す必要がある。
  • 対人関係で他人の行動に対して極端に不安を自分に抱え込んでしまう。
    • いつも接している人が気分が悪そうだと、自分のせいではないかと思って、思うように行動ができなくなってしまう。