スマートフォン用の表示で見る

恐喝

一般

恐喝

きょうかつ

 恐喝とは、脅迫をして、相手(被害者)から財産を奪う犯罪である。

 脅迫の手段には暴力だけでなく、公表できない弱みの駆使などもありうる。

 カツアゲも恐喝の一種である。

 刑法上は、第三十七章で「詐欺及び恐喝の罪」として詐欺に近い犯罪とされている。

 第二百四十九条では、「十年以下の懲役」とされている。

 また、第二百五十条では未遂も刑罰の対象としている。

 恐喝罪となるためには、以下の条件が必要。

 ・脅迫となる行為があること

 ・被害者が恐怖を感じること

 ・被害者が、財産あるいはそれに類するものを手放すこと

 ・財産あるいはそれに類するものが、行為者あるいは第三者に渡されること

 ・上記に因果関係があること