スマートフォン用の表示で見る

恐怖政治

社会

恐怖政治

きょうふせいじ

[仏] La Terreur(仏) [英] Reign of Terror

恐怖政治とは、一般的には、権力を掌握した党派ないし個人が、武力ないし暴力を背景とし、反対派に対する逮捕、投獄、処刑、殺害などの手段を用い、民心をして恐怖せしめることによってみずからの権力の維持とその政策の貫徹とを図ろうとするような政治形態をいう。

もともとはフランス革命の最盛期*1に、ロベスピエールを中心とする山岳派の支配を指し*2、狭義では、この時期のフランスの政治形態を指す。

*1:1793年4月に設置された公安委員会が中心となり、テルミドールの反動の起きた1794年7月まで続いた

*2:テルール(テロ)と呼ばれ、これは後のテロリズムの語源ともなった