挟み撃ち

読書

挟み撃ち

はさみうち

後藤明生による小説作品。

20年前に北九州から上京した時に着ていた旧陸軍の外套の行方を求め、昔の下宿先を訪ねる1日の思考の変遷を綴った小説。