スマートフォン用の表示で見る

教会大分裂

社会

教会大分裂

きょうかいだいぶんれつ

1378年から1417年の間、カトリック教会が分裂した状態の事。ローマアヴィニョンにそれぞれローマ教皇が存在した。