スマートフォン用の表示で見る

教興寺の戦い

社会

教興寺の戦い

きょうこうじのたたかい

教興寺の戦い(きょうこうじのたたかい)

1562年、河内国教興寺付近で起った新興勢力の三好長慶と河内国守護畠山高政との合戦。戦国時代における畿内最大、かつ畿内覇権をめぐって争った最後の戦いでもあった。三好勢が畠山方湯川直光らを撃破し勝利した。畠山勢の名だたる国人は討死して、壊滅状態となった。その後、長慶は河内国、和泉国を完全に勢力下におき、畿内の旧勢力の抵抗を排除することに成功。大和国、紀伊国へも勢力を浸透させることになる。