スマートフォン用の表示で見る

教如

一般

教如

きょうにょ

1558年10月27日〜1614年11月6日

日本の安土桃山時代から江戸時代にかけての浄土真宗の僧。本願寺十一代の顕如の長男。

本願寺十二代だったが、文禄2年(1593年)に豊臣秀吉の命により一旦退隠させられた。その後、 慶長7年(1602年に徳川家康より烏丸六条に寺地を寄進され本願寺を分立して復職した。本願寺教如真宗大谷派と弟の准如継承した七条堀川の本願寺(いわゆる西本願寺)の浄土真宗本願寺派に分裂した。なお、彼が建てた本願寺は現在の真宗本廟である。