教部省

社会

教部省

きょうぶしょう

日本の明治初期にあった中央官庁組織の1つ。宗教統制による国民教化の目的で設置されていた。