橋上市場

一般

橋上市場

きょうじょういちば

橋上市場(きょうじょういちば)とは、かつて岩手県釜石市に存在した、市内を流れる甲子川に架かる市道の大渡橋の橋の上に商店主達が独自に店舗の建物群を立てた事により形成された市場である。当時、世界でも公道の橋に私有の建物を立て営業を行う市場は、日本以外ではイタリアにしか存在しないと言われていた。

市場の営業は2003年に大渡橋の老朽化により終了し、橋の架け替え工事の際に建物は取り壊された。現在は釜石駅前の新市場「サン・フィッシュ釜石」に受け継がれている。