アート

狂言

きょうげん

(1)日本の伝統芸能のひとつ。室町時代に成立した。能狂言

能と同じく猿楽から発展した芸能で、滑稽さを重視して発展した。

独立して演じられる本狂言と、能の曲中に演じられる間狂言がある。

現在、和泉流大蔵流の2流派が現存。過去には鷺流と呼ばれる流派もあったが、明治時代に断絶した。

主役をシテ(オモ)、相手役をアドと言う。


なお、明治以後は能と狂言を合わせて「能楽」と呼ばれることがある。

(2)歌舞伎の演目のこと。歌舞伎作者は「狂言作者」と呼ばれる。