スマートフォン用の表示で見る

狂風記

読書

狂風記

きょうふうき

石川淳、晩年の大作小説。柳商事という大財閥の内紛で殺人事件が起こされ、敷地内に不法投棄となる遺体を持ってこられた「リグナイト葬儀社」のヒメが、その愛人マゴとともに、その事件の真相を追う。