スマートフォン用の表示で見る

興隆

社会

興隆

こうりゅう

興隆(こうりゅう、1759〜1842)

江戸時代後期の僧。

浄土真宗本願寺派越後正念寺住職。越後領勝寺の北天に師事し,さらに各地で諸宗をまなぶ。のち西本願寺学林の講師をつとめ,文政11年司教,天保2年勧学となった。法名は恵音,僧音。著作に「無量寿経天寿録」「教行信証徴決」など。