スマートフォン用の表示で見る

鏡開き

鏡開き

かがみびらき

毎年1月11日に、お正月に飾った鏡もちを調理して食べる風習のこと。鏡割りとも。


割ったもちは雑煮や汁粉に入れて食べる。「開く」は「割る」の忌み言葉近世に始まる伝統行事で、当時は1月20日に割って食べていた。

京都など関西地方の一部や社寺では1月4日に行うところもある。

また、パーティーなどで、酒だるのふたを木づちで割ってあけることを鏡開きという場合もある。鏡割り。