鏡新明智流

一般

鏡新明智流

きょうしんめいちりゅう

日本の江戸時代中期の剣術家の桃井直由(初代桃井春蔵)が創始した剣術の流派。二刀、居合、契木術なども含む。戸田流剣術、抜刀術、一刀流剣術、柳生流剣術、堀内流剣術を修めた桃井直由が、4つの流派を合わせて創始した流派である。