スマートフォン用の表示で見る

業苦

一般

業苦

ごうく

(1)仏教用語。前世の悪業のために現世で苦しむこと。

(2)嘉村礒多の小説。





業苦・崖の下 (講談社文芸文庫)