曲垣平九郎

社会

曲垣平九郎

まがきへいくろう

日本の江戸時代初期の丸亀藩士。馬術家。諱は盛澄。

代将軍の徳川家光の命で江戸愛宕山上の梅花を折りに乗馬して石段を駆け上がって枝を折ったことで知られる人物である。