曲射砲

一般

曲射砲

きょくしゃほう

(主に)曲射を行う大砲の総称。具体的には臼砲迫撃砲のこと。

曲射というのは平射や直射の対義語で、つまり弾道が水平(に近い)とか直線(に近い)ものになる射撃法とは異なり、山なりの軌道*1を描くものを言う。

遮蔽物・障害物を乗り越えるといった効用が知られる。攻城戦や陣地戦といった状況で威力を期待されてきた。

その後、弾道学の進歩や射程の増大に伴い、従来は砲兵が直接照準で射撃していた野砲の類も、観測と間接照準に依存するようになった。そういう意味では戦車砲や機関砲を除いた大半の砲は、現在では曲射砲であるとも言える*2

*1:係数比較的大きな二次曲線

*2:それらは飛距離を稼ぐために射角が上がってきたのであって、遮蔽物回避のために射角を上げていた本来の曲射砲と区別するべきであるとも言えるが