玉城悟

アート

玉城悟

たましろさとる

脚本家

早稲田大学第二文学部卒業後、種々のアルバイトを経て助監督に。その後、脚本執筆をはじめ、現在にいたる。

主な仕事

テレビ『ほんとにあった怖い話』(04年)

映画『ココロとカラダ』(04年)

テレビ『ほんとにあった怖い話 セカンドシーズン』(04年〜05年)

テレビ『カスペ! ほんとにあった怖い話 夏の特別編2005』〜「死神」(05年)

インターネットドキュメンタリー『怪獣のあけぼの』(全12回シリーズ構成他)(05年〜06年)