桐花大綬章

社会

桐花大綬章

とうかだいじゅしょう

[英文表示] Grand Cordon of the Order of the Paulownia Flowers

桐花大綬章は、日本の勲章の一つ。

大勲位菊花大綬章の下位、旭日大綬章旭日章の最高位)・瑞宝大綬章瑞宝章の最高位)の上位にあたる。

1888年旭日章の最上位勲章の勲一等旭日桐花大綬章として制定されたが、2003年11月3日より別種類の「桐花章」という勲章として運用されている。

勲章のデザインは、日章を中心に光線(旭光)を配し、回りに桐花を配したもので、鈕*1には桐の花葉を用いている。

授与基準

旭日大綬章又は瑞宝大綬章を授与されるべき功労より優れた功労のある人。

*1:章と綬の間にあるもの