スマートフォン用の表示で見る

桐野利秋

一般

桐野利秋

きりのとしあき

1838〜77(天保9〜明治10)

幕末期の薩摩藩士。

はじめの名前は「中村半次郎」。幕末京都で「人斬り半次郎」とおそれられた。

戊辰戦争では会津若松城の攻略戦に参加。

維新後、陸軍少将となるものの、征韓論に敗れて西郷隆盛鹿児島に帰るときに彼も辞職、行動を共にする。

西南戦争西郷の死を見届けた後、城山で戦死。