スマートフォン用の表示で見る

錦小路頼徳

社会

錦小路頼徳

にしきのこうじよりのり

日本の江戸時代末期の尊皇攘夷公家七卿落ちの1人。その後、長州攘夷派と行動をともにするが、赤間関の砲台視察中に病に倒れ死亡した。1870年明治3年)に正四位を贈られた。