スマートフォン用の表示で見る

欽定訳聖書

読書

欽定訳聖書

きんていやくせいしょ

国王(ジェームズ1世)の命令によって翻訳された聖書である。1611年刊。

イングランド王ジェームズ1世が英国国教会典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳されたためにこの名があるとされている。